webデザイナーのプロも愛用する参考書4選【参考書選び】

  • LINEで送る

webデザイナー初心者にオススメするこれだけは持っておくべき参考書を4つ紹介します。

webデザイナーのプロも愛用する参考書4選【参考書選び】

webデザイナーの必須スキル

webデザインの仕事は大きく二つあります。一つはデザインを作成すること、二つ目はデザインをコーディングすることです。

デザインを作成する際、ほとんどの方はAdobeを使うと思います。その中でもPhotoshopとIllustratorは必ず使えなければならないでしょう。adobe XDも増えてきていますが、基盤くらいのデザイン作成がメインで、ディレクターなどが大体のデザインを作成するのに使うイメージです。デザイナーとしてはPhotoshopとIllustratorが最低限のスキルと言えます。

コーディングの面で言うと、HTMLとCSSはかけなければなりません。プラスアルファでJavascriptスキルがあると重宝されます。バックエンドも触れると尚良いでしょう。基本的にはHTMLとCSSが最低条件となります。

 

どう勉強するか

webデザインを学ぶ方法はいろいろありますが、一番はスクールに通うことです。お金はかかりますが、それ以上に得るものがあります。独学で勉強してもデザインスキルは絶対に上がりません。スクールに通うだけでもまだ足りません。参考書を持って自習することが上達の近道です。なんの分野でもそうですが、インプットとアウトプットは完全に別物です。習ったものはすぐに復習して何も見らずにできるまで繰り返しましょう。そしてデザインからコーディングまでを全て自分でやってみることです。それをしていると、絶対にわからないところが出てきます。その時に参考書を手に取りましょう。ネットで探すよりより早く正確な答えがわかります。

つまりスクールで先生に教わり、自宅では参考書に教わる感じです。

 

どのスクールにするか

独学ではデザインは絶対に上達しないと言いましたが、それではどのスクールで学べば良いでしょうか。それについては過去に私のオススメを書いた記事がありますので、それを参考にしてみてください。何よりも現役のプロに教わることが大事です。

【8つの利点】私はヒューマンアカデミーでwebデザイナーになった【スクール選び】

 

参考書選び

スクール以外で大事になる自学の時間。自分磨きの助けになるオススメの参考書を紹介していきます。

 

デザイン

まずはデザインに関してですが、私はPhotoshopとIllustratorそれぞれの使い方を詳しく書いている2つの本をオススメします。

Photoshop逆引きデザイン辞典

この本はタイトル通りPhotoshopの参考書で、逆引きできる参考書です。例えば「写真の補正方法が知りたい」「グラフィックを作るためのテクニックが欲しい」など、目的から手順を逆引き形式で調べられます。初心者の方でも、ある程度知識がつい方でも、ふと忘れてしまった時にピンポイントで探せるので、とても使いやすいです。また文字だけの参考書だと読む気が失せますが、この本は画像やイラストが多いので、読み進めやすくより理解しやすいと思います。

 

Illustrator逆引きデザイン辞典

この本は上の参考書のIllustrator版です。photoshopと合わせてこちらも買うことをオススメします。とにかくこれ一冊に書いてあることができるようになったら普通に仕事ができます。仕事によってはPhotoshopだけで大丈夫な会社もありますが、illustratorも使えたほうがデザインの効率が格段に上がります。それぞれ得意な機能と苦手な機能があるので、それを把握しておくだけで使い分けることができるので、photoshopもillustratorも両方学ぶことが大事です。

 

 コーディング

コーディングの参考書は2つ紹介します。一冊目は「辞書」のイメージで二冊目は「制作方法」を書いた参考書のイメージです。

HTML-5 &CSS3デザイン 現場の新標準ガイド

一冊目はきちんと説明がなされている参考書が良いと思います。コンテンツの呼び方や名前、コードの役割や性質など細かく説明がなされているので、これ一冊あれば基礎知識が完全に習得できます。コーディングは一つの問いを解くのに様々な公式を用いて解く数学のような感じです。一つのページを完成させるにはしっかりとしたコードそれぞれの知識が大事になります。この一冊で一つのコードの性質や役割を理解して正しい知識を習得しましょう。

 

現場で使える最低限の知識がしっかりと身につくHTML/CSSデザインTextBook

この本は上で紹介した本と比べ、若干読みにくさを感じますが、実際に完成したデザインを順を追って解説しながらコーディングしてくれるので、実際の現場の仕事に使えるような内容になっています。一冊目でも解決できなかった時に、この本を読むようにしています。

 

他のオススメの本

なるほどデザイン

デザイナーなら誰もが持っているもはや定番の本。内容も楽しく素晴らしい説得力があります。デザインが楽しくなります。

 

最新!魅せる!キャッチコピー の表現別グラフィックス

キャッチコピー の参考になります。また字体や写真の配置でどんな印象を与えるかの勉強にもなるので、持っていても良い一冊かなと思います。

 

まとめ

今回は私が愛用している参考書を紹介しました。webデザイナーの仕事をする上で基本を教えてくれる本は何冊か持っておくべきです。たいてはネットで調べれば分かると言いますが、全てが万能ではありません。使い慣れた本ほど素早く簡潔に答えを教えてくれます。これからwebデザインを勉強したい人や、参考書選びに迷っている方は是非今回紹介した本を手にとって読んでみてください。持っておいて間違いのない参考書だと思います。

 

 

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*