アップルのエンジニアが作るこだわりの一杯!福岡カマキリコーヒー!

  • LINEで送る

皆さんは福岡にあるKAMAKIRI COFFEEをご存知でしょうか?2019年2月に1号店を高砂にオープンした比較的新しいこのカフェは、あることで注目を浴びているんです。今回は今注目のKAMAKIRI COFFEEについて紹介したいと思います。

KAMAKIRI COFFEEのこだわり

福岡天神からすぐのところに福岡東映ホテルがあるのですが、その一階にカマキリコーヒー1号店があります。内装は無機質なコンクリートと地元スギの素材を組み合わせたラフな空間で、ホテルに泊まっているビジネスマンがパソコン片手にコーヒーを飲んでいる様子をよく目にします。

アップルのエンジニアが作るオリジナルのエスプレッソマシン

このKAMAKIRI COFFEEのすごいところは、オリジナルのエスプレッソマシンを作っちゃったことです。

オーナーを務めるのはダグラス・ウェバーさん。彼はロサンゼルス出身で、学生時代に留学生として福岡に来たことがあり、その後はあのアップル社に入社しiPhoneやiPodなどの開発に携わっていたすごい人なんです!それからコーヒーミルを作る会社を立ち上げ、大好きなコーヒーに携わりたいと、アップル社を退社され、17年に糸島に移住されました。そしてオープンさせたのが、KAMAKIRI COFFEEです。

誰もが知るアップルの製品を作っていた人がこんな近くでカフェをひらいてるって驚きですよね!!

お店に行くと、オリジナルのエスプレッソマシンも目にすることが出来ます。シンプルで見た目もとてもクールですよ!

豆は「ハニーコーヒー」の物を使用し、ブラジルやエルサルバドルなどのシンプルに美味しいと感じる最強のブレンドが中心に出されていて、とても美味しいですよ。

他にも糸島の自然から取れた天然酵母を使用した手作りのパンも魅力の1つです。私も友達が糸島に住んでおり、よくパンを作っているのを見るのですが、糸島の小麦や野菜を使った「食」ってとても美味しそうですよね、!

今は平尾にも2号店をオープンさせ、これからもっと有名になるであろうKAMAKIRI COFFEE。皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*